CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 戦争の日本近現代史 | main | 堀田善衛上海日記 滬上天下一九四五 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
迷惑な進化−病気の遺伝子はどこから来たのか
シャロン モアレム,ジョナサン プリンス
日本放送出版協会

読みながら素晴らしい本に出会ったと思った。

人類が抱える病気は、短期的な合理的な結果により抱え込んだものである。
人間の寿命は短期間だから素早く変化できる。進化のスピードは寿命に依存する。


お腹の中にいる赤ん坊は母親からの栄養から外界の状況を読み取り、対応できる体へと変化する。1世代で変化が可能となる。

糖尿病は、17C北欧を襲った弱氷河期を乗り越えるために宿業として人間が背負ったもの。アイスワインのように水分を出し、ブドウ糖を溜め込むことで弱氷河期を生き延びた。

ペストを生き延びた人間は、血中に多くの鉄分を持っていたからだが、逆に高齢になるとその血中鉄分に体を蝕まれることとなる。


このように、人の進化は多くのウイルスによる死を乗り越えたものであり、それは人類進化の早送りボタンであると著者は言う。
人類のゲノムは、ある特定のレトロウィルスによって、別のレトロウィルスに感染しやすいように変えられた。ヴィラリアルによれば、アフリカの霊長類に「別 のウィルスに延々と感染する」能力がついたことで、人類は進化の「早送り」ボタンを手に入れたのだという。他のレトロウィルスにさらされることで高速変異 を可能にする機能だ。この能力のおかげで、僕たちはサルから人間へと一気に進化することができたというのだ。

最近、新しい商品をどんどんだして、どんどん壊れるがそれを上回るスピードで改善しよい商品に進化させていく企業が韓国などに多い。
これも進化の早送り。

失敗を多く重ね改善することが個人の進化なのだな。



| 読書 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:25 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/939