CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 後藤新平 日本の羅針盤となった男 | main | すゞしろ日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Natural Food
石川 拓治,NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班
幻冬舎

有機栽培というとなんかいいような感じがしてつい購買意欲をそそられたり、ビオワイン(バイオワイン)に手が出たりってあります。

恥ずかしながらこの本を読むまで有機栽培と自然栽培の違いを分かっていませんでした。

奇跡のりんごで有名な木村さんとタッグを組み、自然栽培を日本に広めるエバンンゲリストでもあるこの河名さん。

自然野菜は土をまず作るということ。
有機栽培と自然栽培の違いは作物がどのように腐るかで一目瞭然に示されている。

農薬などが蓄積した肥毒層を取り除くことが大事でそれには多くの時間と手間がかかる。これは木村さんのりんごで一気に有名になりました。

そうして長い時間を掛けて作り上げられた土で生まれる野菜の素晴らしくおいしいこと。
最近、ナチュラルハーモニーから通信販売で野菜を隔週で購入し始めたのですが、本当においしい。
地球の生命をいただくよう。


野菜って値段が高くてもたかが知れている。

本書ではアトピーとの壮絶な排毒格闘について言及されていますが、自然栽培の作物を取ることで日常に溢れる商品に対して体が過敏になるのは周りをみていると本当のように思える。


モンサントに代表される個体が全てであるという発想が世界の農業を覆いつくそうとしている。
日本の農業も、農協や農水省が推進して危機的な状況となっている。
けれども、そういった乱れた時代だからこそ変化のうねりが加速度的に増幅される可能性を秘めているように思える。

自然栽培は野菜そのものの味だけでなく、日本人の生き方を見つめなおす日々の生活の大事な接点を提供する革命的な力を持っているのでは。

この本にはすんばらしい発見があると思います!

| 読書 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/935