CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< ダイニングテーブル購入の巻 | main | ローマ亡き後の地中海世界 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
多読術
 
本ばっかり読まないで、実践が大事だと最近つくづく思う。
こうやってブログにまとめて定着を図るだけでは、ゴルフ本よんで、ゴルフしたことないのと変わんない。

とはいえ、ジャングルを歩くような感覚を得たくて本を読んでしまう。
家の前には立派な図書館もあるし。

松岡正剛氏の本は、自分がしている読み方もずいぶんあるし、非常に参考になる読み方もあった。
特に、年代別に事実を記載していき、自分の中で歴史を再構築するなどはぜひやってみようと思う。


本は2度読む 

これは、ブログ書くために頭でまとめたあと、ざっと読み直す(マークしたところだけ)という風にしている。

マッピングで本を整理する

これもよくやる。仕事にも非常にいきる編集術だと思う。

自分にあった読書スタイル

電車で、デスクで、ベッドで、トイレで、お風呂で
いろんなところで本を読む。
今まではいろんなところに本を置いておき、そこにいったらやおら読むスタイルだったけど、相方との生活もあり、ばらばら置けないので、ベッド、トイレ、デスクの3箇所にしている。

キーブックを選ぶ


これもまさに。
キーブックに出会うと、とたんに世界が広がる。
キーブックと出会えた時は、過去の偉人の肩にのって世界を見渡せるような気がする。
松岡正剛氏は本に攫われたいとまでいっているが、本当にそう思う。


人に本を薦めてもらう



尊敬する人が紹介したり薦めた本は、どんなジャンルにせよ必ず読むようにしている。

最近は、図書館をぶらぶらしたり、図書館のウエブサイトで検索などしてみて気になる本を手に取ることも非常に多くなってきた。これこそ、まさにジャングルを歩くような感覚。ジャングルブック。

・・・・。





PS.
読書について(他2編)で、ショーペンハウエルはこういう。

自分の考えを持ちたくなかったら、一番確実な方法は、一分でも空き時間ができたらすぐに本を手に取ることだ。



ほとんどの思想は、思索の結果、その思想にたどりついた人にとってのみ価値を持つ。
さらに読書にはもう一つむずかしい条件が加わる。すなわち、紙に書かれた思想は一般に、砂に残った歩行者の足跡以上のものではないのである。歩行者のたどった道は見える。だが歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いなければならない。

これは金言だと思う。
読書を通じて、その著者のたどった風景を想い、周りの景色を読者が創造(字はあってる)することがそれぞれの読者の追体験だと思うし、それを日常で経験しなおすことが大事なんだな。

日々実践をするけど、本も読み続けたいなぁ。。
| 読書 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/844