CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 最近の読書 | main | アルケミスト 〜夢を旅した少年     PS.入籍しました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
走ることについて語るときに僕の語ること
 村上春樹の半生に、走ることが与えた影響が見て取れるエッセイ。

単純だから、すごく走りたくなってすぐ走りにいった。
今日は夜に走ったので、芦屋浜から見る六甲の光の瞬きがとてもきれいだった。
音楽を聴かずに走ったのは久しぶりでとても気持ちよい。

木々の暗闇の中を走り抜ける気持ち。
静かで黒い海をわき目に見て走る感覚。

暗いところでは本能が危機にするどくなる。
そして音楽を聴いていないことで五感が冴え渡り広い世界とつながっているようにも思う。

とはいえ、芦屋の海岸や町並みは平和でこの季節ならではのカッポーが闊歩というか、暗闇にちらほら。突然いたらこっちも結構びっくりします。(全然、危機にするどくなってない)

村上春樹が立ち向かう問題や、彼が小説を書いているときの夢うつつな日々も興味深いが、走ることでうける刺激がいかに貴重かを改めて思う。

河合隼雄との対談、オウム事件との向き合い方などはまたその本の紹介の時に。


PS.
ウルトラ楽しみにしていたポニョのメイキングDVD12時間が、3日(金)に届くはずが、、、なんと、使用している音楽の著作権の問題で12月に延期!!!
スタジオで流れていた音楽だろうか。
非常に残念だが、そこまでして作り手が伝えたいことがあるのだろう。
楽しみに待ちたい。

PS.
走った距離はブログの左に表示されている。
あまり走ってなかったら激励していただきたい^^

| 読書 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/831