CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 沖縄文化論―忘れられた日本 | main | 幼年期の終わり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
納棺夫日記
先日、おくりびとの紹介で記載しましたが、納棺夫日記が素晴らしい。

納棺夫日記 (文春文庫)
納棺夫日記 (文春文庫)
青木 新門

地元富山で詩人・画家が集まるようなパブ喫茶を経営し、詩人デビューも果たした著者がその後、負債を抱え店を倒産させ、運命に手繰りよせられるように湯灌・納棺の仕事につく。

富山のきりりと冷えた世界で、死を詩人の眼で真っ直ぐ見つめながら仏教・哲学思想へと昇華していく日々。

湯灌・納棺に赴いた先は、10年前に付き合っていた恋人の父の葬儀。
死体に向かって作業を初めてしばらくして、


額の汗が落ちそうになったので、白衣の袖で額を拭こうとした時、いつの間に座っていたのか、額を拭いてくれる女がいた。
澄んだ大きな眼一杯に涙をためた彼女であった。
作業が終わるまで横に座って、私の顔の汗を拭いていた。


その女性の瞳の奥で、何かを感じ、自分の存在を認められたと感じた著者はこの仕事に没頭していく。
そして、自分の仕事を詰っていた叔父の死を通じて光を感じるようになる。

親鸞は、人が死を真正面に見据え、死を受け入れようと思ったとき(すなわち念仏しようと思ったとき)おのずから無碍の光に迎えられ、その光によって正定聚(悟りをうる菩薩)に決定し必ず成仏するとした。

詩人である著者は、宮沢賢治、親鸞などの経典だけでなく、理論物理学まで広げて死を向き合って掴んだ世界観を語りかけてくる。

本木雅弘がインドで死を思い、帰国後導かれるようにこの本に出会い、感銘をうけ、15年の日々の想いがつくりあげたおくりびと。

モントリオール世界映画祭でグランプリということが示すように、普遍の真理は世界の人に届くのだと思う。

| 読書 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/782
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/20 2:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/21 11:24 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/21 7:19 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/21 7:21 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/21 8:45 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/22 6:43 PM |