CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 「人は意外に合理的」 で、「予想どおりに不合理」 | main | 沖縄文化論―忘れられた日本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
白川静 漢字の巨人
過去にも取り上げた、漢字の巨人 白川静について、松岡正剛氏が書き上げた白川静入門本。

白川静 漢字の世界観 (平凡社新書) (平凡社新書) (平凡社新書)
白川静 漢字の世界観 (平凡社新書) (平凡社新書) (平凡社新書)
松岡 正剛

「言」という字の『口』はもともと、唇や歯のある口ではなくて、入れ物を表している白川静は考えます。
その入れ物は、祝詞や呪文のような大事な言葉、言霊を入れておく容器であり、それを「サイ」と白川静は呼びます。

「言」の上の字は「幸」であり取っ手のついた鋭い大きな針を示しています。
これは、「言」という文字が、神に祈って何かを誓うときの神聖な言葉を示しており、言に偽りがある場合は、鋭い針で入墨の刑を受けたことから作られたと考えたのです。

また「サイ(口)」は、「告」にも展開されます。
「告」は甲骨文字では、サイの上に枝が突き刺された形になっています。
これは日本でいう榊、神に降りてきてもらう玉串を忌みます。

昔、神にお告げを聞こうとする際に、木の枝に神に対する申し文をくくりつけたかはさんで神のお告げを聞こうとした、それを表したのが「告」ではないかと白川静は考えたのです。

何十年と甲骨文字を調べつづけた白川静の圧倒的な飛翔力を感じます。
「サイ」という漢字マザーから、「語」「吾」「話」「昏」「占」「吉」「古」などどんどん展開されていくのですが、それは本書のお楽しみ。

他にも、漢字マザーから、白川静は神と人とがことばのもつ呪能を通じ、自由に交通できた時代を読み解いていきます。

白川静は漢字に夢中になり、不滅の生命力を感じていましたが、漢字に対する思いとしては、「日本の国字である」と何度も繰り返しています。
中国からもたらされたのは確かなのですが、日本で使われている漢字は日本オリジナルとなって国字となっているのです。


漢字を借りもののように思うことが、根本の誤りである。古代オリエントに発する文字をいまアルファベットとして用いるものが、それを借りものと考えないように、漢字を音訓の方法で用いるのは、決して借りものの用法ではない。漢字は音訓の用法において国字である。


日本の漢字、文字の豊かさ、深さに気づかせてくれる白川静を取り扱った貴重で素晴らしい本だと思います。
| 読書 | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
白川静先生は、文字講和で古代漢字の字源を説きながら、大きく書いてくれていましたが、晩年、古代漢字が身に付いていらっしゃったのでしょう、字源に則った完璧なる白川静の生み出した古代漢字を書いておられました。拓本にある字とは、だいぶ異なっていました。

懐かしいです。古代漢字女流書家 安東麟
| 安東麟 | 2010/05/21 5:00 PM |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/779