CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< quantum leap ecperience | main | 弱きもの、汝の名は男なり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
三輪山へのアースダイブ
少し古いが群像10月号で甲州のアースダイブが投稿されている。

その中で、奈良の大三輪山(以前ソウルトラベル実施)も取り上げられている。

生の象徴として、大和王朝と三輪族との宮殿。
そして三輪山の後背地、水源に広がる死者の埋葬地帯。

中沢氏のダイブをまとめるとこうなる。(RSSリーダによっては画像が表示されません)

三輪山

三輪族が信仰していた水の神白蛇。
蛇は脱皮をすることから、生と死を繰り返す再生の象徴であり超自然的の神であった。

人は死ぬと暗い死者の世界へと行くが、再び新しい生命となって生まれてくる、そして三輪山は蛇体そのものと考えられており、生と死の交換をつかさどるところだと古代人(三輪族)は考えていた。

三輪山の後背地の一角に祭られている十一面観音(長谷寺)は水源地や水利のよいところに設置される観音様であり、水源地や水利を守る神は蛇が祭られていたため蛇神が変化したものと考えられる。
仏教はシャーマニズム的なものと野生の思考をうまく統合した対称的な思考であるためであるが詳細は割愛する。

三輪山は非常に美しい山だが、背後には恐ろしい力を有した蛇の神を暗い谷に背負っており、その超自然的な生命力をもって里の暮らしに安定と豊かさを与えていると考えられていた。

牡丹が満開になることから、長谷寺は古くから花の御寺と呼ばれ、源氏物語でも出てくるが、このような古代人の野生の思考の息遣いを感じることができる場所である。

大三輪大社の参拝と長谷寺とを併せて行うという奈良の旅もよいと思う。

群像 2008年 10月号 [雑誌]
群像 2008年 10月号 [雑誌]

| 奈良 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/761