CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 死を想う 〜おくりびと〜 | main | 三輪山へのアースダイブ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
quantum leap ecperience
仕事で「一皮むける」 (光文社新書)
仕事で「一皮むける」 (光文社新書)
金井 壽宏

リーダーシップの旅」の共著者でもある金井壽宏さんの本。

関西経済連合会のワークショップとして、参加企業のミドルが企業経営幹部に、自らの一皮向けた体験の振り返りを解説したもの。


関経連への配慮からか、本書では体験が満遍なく取り扱われている。
一方米国トップ企業6社の経営幹部191名が、自分が一皮向けるのに最も貢献した具体的な経験をまとめたものも紹介されている。


1.アジェンダ(おおきな構想とその実施細目の両面を示す)を構築し、実施する
2.人との関係を扱う
3・基本価値にもとづいて行動する、それを他の人々に伝達する
4.エグゼクティブとしての資質を試される、それを高める
5.自分について深く知り、個人的な自覚を高める
6.他の人々への依存状況に対処する
7.経営幹部らしい深い思考をする

Lessons of experiences 優れたエグゼクティブになるための7条件より



書くまでもないが、社内での体験が勝手に異なるステージへの扉をあけることになるのではない。
いかに体験から自らへの内省を通じ、自らの骨肉としていくかが重要なのである。

うまくまとめることが重要ではなく、それぞれの具体事例で個々人がどう感じたのか、振りかえってどのように点と点をつなぐ作業として捉えるかが重要だと思う。

一皮向けるという言葉は、quantum leap ecperienceとして表現されている。 いい言葉だと思う。

先日、尊敬する元上司から、一体今何をしたいのだ?と問われる。
幕末のような乱世に一体何をしたいのか。向き合いたい。

サラリーマン「再起動」マニュアル
サラリーマン「再起動」マニュアル
大前 研一

細かくは書かないが、大前研一氏もグローバルに目を向けて、その中で自らを磨き、志をもって行動ことの大切さを説いている。


最近夏目漱石を読み返している。
漱石も、同じように世界へと目を向けつつあった明治の状況を、三四郎の中で与次郎にこう語らせている。

君は九州のいなかから出たばかりだから、中央文壇の趨勢を知らないために、そんなのん気なことをいうのだろう。
今の思想界の中心にいて、その動揺のはげしいありさまを目撃しながら、考えのある者が知らん顔をしていられるものか。
じっさい今日の文権はまったく我々青年の手にあるんだから、一言でも半句でも進んで言えるだけ言わなけりゃ損じゃないか。
文壇は急転直下の勢いでめざましい革命を受けている。
すべてがことごとく動いて、新気運に向かってゆくんだから、取り残されちゃたいへんだ。
進んで自分からこの気運をこしらえ上げなくちゃ、生きてる甲斐はない。文学文学って安っぽいようにいうが、そりゃ大学なんかで聞く文学のことだ。
新しい我々のいわゆる文学は、人生そのものの大反射だ。文学の新気運は日本全社会の活動に影響しなければならない。また現にしつつある。彼らが昼寝をして夢を見ているまに、いつか影響しつつある。恐ろしいものだ。

(新字新仮名版)


与次郎のようなものがこのように考えていた明治の若者たちと時代の雰囲気。
高いリベラルアーツ。

夏目漱石の作品を今読み直して思うことが多々ある。
また書きたいと思う。

| 読書 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/758
『過剰管理の処方箋』 あなたの職場では心配菌が繁殖していませんか?
 働いていて、仕事での心配事が全くない、という人はおそらくいないのではないかと思
| さぼてんマークの出版社ブログ | 2009/01/17 6:13 PM |