CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 9月に読んだ本1 | main | 9月に読んだ本3 古事記・日本書紀  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
9月に読んだ本2
人民の戦争・人民の軍隊―ヴェトナム人民軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)
人民の戦争・人民の軍隊―ヴェトナム人民軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)
ヴォー・グエン・ザップ

フランスの植民地支配からベトナムを解放し一躍英雄となったヴォー・グエン・ザップの本。
1954年のディエンビエンフーの戦いでは、武器もないベトナム軍を総司令官として率い、フランスの武器を奪いながら圧倒的な不利な状況を跳ね除け勝利に導いた。さらに、アメリカ軍及び南ベトナム軍と戦ったベトミン(南ベトナム解放民族戦線)を指揮し、ベトナムを再統一へと導いた。

ベトミンはグエン・ザップのこの本を何度も読んでその思想及び戦術を学んだ。グエン・ザップの簡潔な文体により、グエン・ザップの卓越した戦略の浸透が図られた良書。

不良のタオ 無極山荘の仙人が教えた「老子」
不良のタオ 無極山荘の仙人が教えた「老子」
安部 英樹

高校1年で総番となり、無敵の番長として悪名をとどろかせ、その後、中国の暗黒世界を生きていた著者が、台湾においてタオの指導者である卓恩台氏に出会い学んだことがつづられています。

頑張ることは不幸になる。
なぜなら生命のエネルギーを消費することとなるから。

安部氏なりにタオを理解し表現した言葉の数々を通じこの現代のルールは、おかしいと警句を発する。

無心が一番いい。静かに待つことが大切だな。
物事というものは、なにが起こっても、いつかはモトに戻るんだよ。
草や木だって、茂ったものは、いつかは根にかえるじゃないか。これが静かさだ。だから、静かなことは自然の本質で、こうした姿でいるべきなんだ。こうしたことを知ることを物事に明るいというんだが、静かな姿でいないと身勝手に妄動してしまい、必ず失敗するぞ。(俺の老子・十六章)


面白い。
| 読書 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/741
「不良のタオ」を読んで
凄い本に出会ってしまった。 "善人は絶対に読まないでください!"と帯に書かれてい
| Chib'eri | 2009/02/01 2:15 PM |