CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 魂のkecak | main | 天才青山二郎の眼力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
生き物との境界のない世界
NIKKO

ビーチリゾートを後にして、高原の芸術の町ubudへ。
道沿いには、多くの絵画が売られている。

maya ubud

森の中、渓谷の傍に作られた落ち着いたヴィラに滞在する。
ここでは、本当に生きるものの息遣いを感じる。

夜は、屋根にとまった鳥の鳴き声、そこらじゅうを飛び回る虫や蛙、走り回るリスやヤモリ。

ここには、人間と虫や鳥たちとの境界がない。
豊かで多様な関係がそこかしこに息づく。
どんな本よりも、感動する生きることが展開されている。

maya ubud

早朝から、森の匂いが立ち込める中、ヨガをする。
呼吸を意識するのは久しぶり。
剣道をしていたときは常に呼吸を見ていたのですが。

足の裏や手のひらで息を吐くというのは、小さきときに眠れないとき必ずやっていました。

しかし、体が硬い^^

呼吸を意識していると、リスが木々を飛び跳ねたり、多くの生き物がいきいきと活動しています。

自然の中ですごすということの重要さは、脳に本能的な危機意識が生まれたりするその刺激、何が起こるかわからない偶有性を受け入れるというその活動そのものなのだと思う。

脳が活性化する中、母や妹に便乗して渓谷沿いのSPAを受ける。

maya ubud spa

3時間も受けたのですがあっという間でした。
肌も活性化し、お肌がすべすべで若返りました^^

両親と同じ部屋で久しぶりに寝て、話し、全然孝行してないですが、楽しい時間をすごせました。
懐かしく過去のことを思い出したり、未来を志向したり、今を確認してみたりと時間を越えて話ができました。

思い出したり気づいたりできました。
ありがとう。
| 個人 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/551