CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< お家さん | main | エコを選ぶ力−賢い消費者と透明な社会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
環境戦争とは、 マンチュリアン・リポート他
■マンチュリアン・レポート

浅田次郎らしい本。
少し物足りないが、それでも壮大な物語がようやく終わった。
最近のNHK で軍内の人事や内部会派についての秀逸な放送があったこともあり、昭和初期の息使いを感じることになった。

■武器なき環境戦争

ドイツ中心に環境を政策に掲げる政党が近年大きな力を持っている。
背景には、西欧では、ヨハネの黙示録で人類に死が予言され、その死が迫る中で、獣にならず愛を保てるかというコンテクストと同等にとらえられている。

地球温暖化条約はもうひとつの黙示録であり地球滅亡を予言されたなかにおいてなお
「隣人を愛し得るのか」ということが本質となっている。
 (鳩山さんはぽっぽでしたが、友愛思想はそういう西欧コンテクストに近い)

■ チャタレイ夫人
日本ではエロ、不倫文学としてとらえられているが、実際は、戦争で不能になった夫をもつ伯爵夫人と森番との愛の関係を通じ、社会が個人の愛を潰すような仕組み(戦争)を強制しているなかで愛という理念はどう変容しているのかを暴いている。
ゾラなどと混同してはいけない。

西欧が環境を捉える視点はまさに、チャタレイ夫人で議論されている、社会変化の中での友愛精神そのものであえるといえる。


| 読書 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:50 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/1036