CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< タオ  タントラ | main | 今年の10大News >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
将軍たちの金庫番 他
 ■将軍たちの金庫番
江戸期の日本の金融政策について描かれている。

江戸幕府は開幕当初からミスを犯している。

幕府は税を徴収する権利を確保しなかった。
結果、幕府に限らず諸大名家も金に困り、統治される側の商人が潤うという奇妙な社会が構築される。
幕府は商人に税をかけることを想定していなかったため(例外的な課税として運上金、冥加金、そして商品統制を認める代わりに 納める種類の税がある)近江商人をはじめとして豪商が生まれることとなる。


・徳川家康〜五代綱吉
日本はゴールドラッシュを迎え、家光はけた外れの浪費を行うが結果、商品経済は活発化する。
四代将軍家綱の即位時には六百万両残っていた国庫が、家綱が死んだ時、遺産は百万両を切っていた。五代将軍綱吉は絢爛豪華な元禄時代であるが、このころの幕府の金庫はからっぽになってしまっていたことになる。

ここで勘定吟味役(後の勘定奉行)に荻原重秀が登場する。
重秀は、金銀の含有量を減らし、本来の価値、旧貨幣と新貨幣の交換比率は3:2のところ、2:2にした。この差額の1枚分が幕府の懐に入る。これが五百万両ほどになり、天災などに転用されるが好景気につながる。

・六代家宣〜十代家治
ここで新井白石が登場する。白石は荻原重秀を目の敵にして、貨幣の価値を元に戻そうとして、重秀と論争を起こす。
荻原重秀は、通貨というものは政府の保証があれば、材質などどんなものでもいいのではないかと主張するも、白石は結局貨幣価値を元に戻した。
結果、デフレが起きる。

そして、明和には川井久敬によって貨幣改革が行われる。
この貨幣改革が世界でも注目に値するもので、銀貨を金貨に化けさせてしまった。当時、銀貨は重さが一定ではなく、量って使用する秤量貨幣であった。

久敬は南鐐二朱銀に、金貨であるという官府の印を押した。
「以南鐐八片、換小判一両」
定量貨幣が創出され、銀貨が金貨に化けた。

・十一代将軍家斉〜幕末
老中が水野忠成は貨幣の改鋳を行い結果として大成功をおさめる。
貨幣の改鋳を行った年から40年間で1796万両余、年で平均44.9万両の益金を得ることとなる。
このような貨幣のコントロールの結果、日本が米蘭露英仏五カ国と通商条約を結び三港を開港する際に小判の流出が起きる。

原因は金銀比価のちがいにあり、竜馬伝では竜馬が天保一分銀がその価値に見合わないものであると看破していましたな。
本来)メキシコドル4:一分銀4:小判1
締結)メキシコドル4:一分銀12:小判3
となってしまったのだ。
相手はハリス、日本の担当者も甘いが、しかし、ハリスは守銭奴といってもよいと歴史が示しており、シンプルに私利私欲のために、日本の通貨と経済を大混乱に陥れる。

一連の江戸から幕末までに様々な為政者が金融施策を施している。現在のようなグローバルでお金が徘徊していなかった当時の金融施策は非常に興味ぶかく気づきが多い。

■叙情と闘争
父堤康次郎が衆議院議長にあるころ秘書となり、やがて父の死後、流通事業の経営に乗り出していく清二の回顧録。

戦後日本の成長を清二が体験し、辻井喬として描いている。

さすがエスタブリッシュと思わせるのは、出てくる人物の華やかさ。
アイゼンハワー、マッカーサー、コワレンコ、周恩来、池田勇人、盛田昭夫、、中野重治、吉井勇、中村草田男、武満徹などなど。

私の父世代には懐かしいものだろうと思うものの、なんだかずいぶん遠い日本の姿に感じてしまう。

■日本経済のウソ
現在は、みんなの党の経済ブレーンでもある高橋洋一氏の著作。
高橋氏は埋蔵金で注目され、とある筋から社会から葬られかけたが、カムバックを遂げている。この本はwebで主張している日銀批判を中心にまとめたもの。










| 読書 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:26 | - | - |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/1028