CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
<< 第一子日乗 治療経過 開眼 | main | 第1子日乗 名前決まる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第1子日乗 YaYaYa 我が家に息子がやって来た
 病院の結果も問題なく、無事助産所に移り、1日経過を見て母子ともに無事退所しました。

病院は結局、2日間光線療法をし、1日リバウンドをみた結果、アンバウンドビリリビンも低い値で、問題なしとなりました。

初期の値が非常に高く当初は、病院での治療ができず、別の病院で人工透析の可能性まで示唆されていましたが、光線療法だけで安定した値まで落ちて本当によかったです。
よく母乳をのみ、よく排便をした結果だと思います。


原因ですが、息子は妻のお腹の中で少し苦しかったみたいで、酸素不足から血液が濃くなり、結果ビリリビンが増加し産後2日目で(通常は4-5日目がピーク)非常に高い値となったみたいです。
後遺症の可能性もなく、非常に安心しました。

そして、とうとう我が家にやってきました。
わが息子。

夜は何度も起きておしめを変える。
両親はこんなことを毎晩してくれていたかと思うとただただ感謝。

うちは、布おむつ、完乳です。
夜は布おむつをざっと洗ってつけておきます。
ちなみに義母から頂いた布おむつはオーガニックで30枚で私の持っている服の価格帯を超軽く上回る高級品。

気持ちいいはずです。
ぶりぶり、シャーシャーしています。

出た時の顔。
鬼瓦みたいです。
愛息








| 個人 | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/12/28 11:18 AM |









http://akira-enami.jugem.jp/trackback/1019