CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
子供の時から目立ちたがりやで、
人の気持ちを慮る力の無かった僕が、
本当にいままで、一体どれだけの
人や物を失い、多くの機会を
失ってきたのだろうと読了後に
大変なショックを受けました。

過去を後悔するのは嫌いです。
でも、その分だけ成長出来た
のだと思います。
だから、この本に出会えて
よかったと思います。

これからも、何度も読み直して、
日々の行動で実践できるように
心がけていきたいと思います。

RECOMMEND
パートナーシップ・マネジメント
パートナーシップ・マネジメント (JUGEMレビュー »)
橋口 寛
Trust Based Partnership
それは、共通の価値観を有すること。
言葉では表現しきれない、時には言葉が不要ですらある感覚。

著者は見事に書ききっています。

想い・価値観を共有(シェア)した人と人は強い。
(本文中ではその結びつきを紐帯と表現されていす。)

他人は他人でなく、全てが自己そのものとなる。
例えば5名のパートナーと一緒に仕事をするということは、
5名の鏡に映る自分自身とともに仕事をするということと同じなのだと
この本で気づきました。

信頼関係に基づいたパートナーシップによってもたらされる本当に楽しく、
わくわくして、いきいきと毎日を過ごす毎日、
そんな未来が目に浮かぶようです。

素晴らしい本ですのでぜひ一人でも多くの人に読んで頂き、
著者の想いを感じてもらいたいです。
RECOMMEND
道具としてのファイナンス
道具としてのファイナンス (JUGEMレビュー »)
石野 雄一
石野さんが日産自動車で
カルロス・ゴーン氏の下で日産リバイバルプランを
財務戦略の面から支え、
その経験も多くかかれています。
どんな言葉も、それがその人独自の
体験や経験の元にかかれたものでないと、
そこに心を揺さぶるものや、記憶に残るものは
無いのだと思います。

この本は、まさにわれわれが体験し得ない経験を
元にかかれています。

必ず、価格に対して破格の価値の
ある本だと思います。
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
running
ライフネット生命保険
amazon
amazon TM
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
■Mana-(bo)-blog■
ただ、ひたすらに『自ら考え、判断し、その判断に自信を持ち、行動する。』
の繰り返しの記録
Success is a journey, not a destination.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お宮参り!
 福岡、東京から両親に来てもらい打出神社にてお宮参り!!
そのあと、奈良から叔父(ぱるぷんて海の家)叔母、宝塚からいとこ夫妻も来てくれました。
にぎやかで充実した一日でした。

U5に関しては実はこっそりプライベートブログを立ち上げ親ばかっぷりを発揮しています^^

U5は順調に成長して日々顔が変わり、成長していっています。

お宮参り

ちなみに、入浴。
可愛なぁ(しみじみ)。
お宮参り

| 個人 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
U5撮影用カメラ
購入します!
あー楽しみ!
| 個人 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
欧州ぐるぐる
ドイツシュツッツガルトから始まり、チェコ国境に近いレーゲンスブルグ、そしてローマ初代皇帝アウグストゥスにちなんだアウスブルグ。
アウスグルグはぜひ夏に来たい。
(ちなみに、細貝がレンタルで行っているのはこの街のチーム)
 
シュツッツガルトに戻り、今度はミュンヘン経由でオーストリアはKragenfeltへ。
そこからVillahaへ移動したのだが、宿泊したHotelは500年ほどの歴史があり、また過去には、カール5世、フランス王ヘンリー3世、やオーストリア王チャールズ2世、マリアテレジア、ナポレオンなど錚々たる人物が宿泊したという

その後、オランダの欧州本社に移動し、またドイツシュツッツガルトに戻る。

残念ながらアジアカップ決勝は放送されず。。
でもナオキンと食事をした。

本日は、打ち合わせを終えて仕事をしているとなんと岡崎のシュツッツガルト入団が発表されていた。

なおきんは会場に観戦にいっていたようだけど、発表あったのかな?

Euro Biz trip

日本はどうかわからないけど、こちらはエジプトの話題でもちきり。
オランダの空港ではイスラム系の人が真剣にTVを見ていた。

野菜を売っていたチュニジアの26歳の青年ムハンマド・ブーアズィーズィーの焼身自殺は、セルビアやベルリンのように世界を変えることになると思う。

無許可販売の摘発を屈辱として受け止めたようだが、結果的にチュニジア人に失業、インフレ、汚職、警察機構の横暴などがオーバーラップされあっという間に権威主義であったチュニジアが崩壊した。

エジプトの状況は、軍のクーデターというコメントもでているが、イスラーム社会の動揺は大きいと思う。



| 個人 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
あっちゃん
物心ついたときからずっと同じ時を過ごした幼馴染(1つ年上)のあっちゃんが5日に永眠しました。

産まれてから高校卒業まで17年間、毎日一緒に遊び、出かけ、剣道をし、高校に通い、遊び。。
全ての時間を共有した存在はまるで空気のように当たり前に存在していました。

癌と戦っていることは知っていたのですが、最近は克服し元気に海外で勉強していると聞いていた矢先のことで、信じられず、また無念です。

パソコンには(あっちゃんの性格を垣間見られるのですが)、それは詳細に書き綴られた自分史を書きかけで、幼いころの私や兄が日々ことこまかな描写で登場していているようです。

ともすると風化している過去の何気ない連続が今の自分を創っていることは間違いない。

公平で公正なあっちゃんからは大きな影響を受けた。
生かされている自分は、あっちゃんの分も力強く生きようと思う。
| 個人 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の10大News
 2010年が終わる。

西洋人の時間感覚が線であることに対し、日本人は、時間感覚が円であるという。円の方がぐるぐる螺旋を感じることができて好ましいと思う。

今 年の10大Newsを勝手に発表して今年を終えたい。

1.第一子 U5を授かった

U5 が私たち夫婦の元に来てくれた。

桜を愛でている日々の中で妻の子宮に宿ってくれた。
そ こから9か月がたち、妻のお腹がずいぶん大きくなり、その中でU5は足を丸め出産に向けて準備をしてくれていた。

年の瀬に力づよい生命が誕生し、それから日々加速度的に成長していくU5には、人生とは何かと、哲学する暇もないほど、幸福で慌ただしい時間を運んできてく れた。



2.来年からドイツ赴任が決定した

年の瀬に内示が出た。
4月からシュツッツガルトで3年。

早速ドイツ人とイタリア人の同僚が、グローバルビジネスへようこそというメールを送ってきた。
来年は公私ともに本当に新しいチャレンジと なる。

不安は希望の裏返しだと思う。


3.常務 と出会ったこと

随分前のように思えるが、常務と出会ったのは5月。
そこからは叱責と罵倒の日々でした^^
し かし、非常に気づきと学びが多い日々でした。

覚悟、志、やり切る力、真のコミュニケーション。

こんな経験はあまりに贅沢に思える。
ちなみに常務は竜馬伝の山内容堂にそっくり。

4.要望通りの社内異動

1年前に経営層にプレゼンし、紆余曲折を 経てこの9月に組織統合を果たした。そして10月から私も本社から事業部企画に異動し、事業の最前線に立つことになった。
日々文字通り忙殺される タスクの山山山。
ルックアップしてパスコースも探すことのできないような日々でした。

その中で、岡田監督ではないですが、Best4を目指すと宣言し、それを嘲笑したり評論する人たちとは距離をとって無我夢中で取り組んだ。
1勝を 目標とするとそこまでしか行けない。
不安でも何でも志を一つとする仲間と来年も目標に向って進みたい。


5.人生の先達に多く出会う

世界を代表する 検索最大手の元副社長であり、日本法人名誉会長であるMさんや行政改革の最前線にいる官僚の方々、エネルギー関連の責任ある立場の方、某通信会社の天皇と いわれる方など本当に多くの方と仕事を通じて出会い、議論を重ねさせて頂いた。
私のような軽輩が出るような場ではなかったが多くの方のお陰。

どんな大きな物事も少数の志をもった人間が産み出すということを改めて実感した。こんなに組織を超えて仕事ができる喜びを感じたことはないように思う。

6.幼馴染の病気

物心ついてから高校までずっと一緒に時を過ご した隣人Aちゃんが癌を患い、非常に困難な闘病生活を送っている。
1つしか歳が変わらないAちゃんが若い命の焔をたぎらせていることは、ただ自ら の健康に心から感謝するだけでなく、与えられたこの生の機会について強く想うことになった。

7.

プライベートな事なのでここでは割愛

8.妻との旅行

サー クル時代から韜晦しつづけたスキーに誕生日プレゼントとして妻と友人たちといったこと。北海道のパウダースノーで、ジャクジー、高級料理、シャンパンとワ イン、そしてスパルタ教育でどんどん滑れるようになった快感は、来年からアルプスに通うことになる原動力となった。



また、妊娠した妻との1週間の沖縄旅行はこれから子供を迎える私たちにとって本当に愉楽の日々だったと思う。










9.家族旅行

妹と両親との九州温泉旅行。
妻と兄夫婦と両親との九州温泉旅行。
これから家族 が増えていくことになるが、改めてこの両親を選んで生まれてきて本当によかったと思う。
お金ばっかり使わせてしまっているが、両親には健康で長生 きして欲しい。
そして孫の成長を楽しみにして欲しい。



10.妻の妊娠・出産

つわりも全く なかった妻ですが、臨月近くは骨盤の痛みなど本当に大変だったと思う。
出産に立ち会ったけれど、あそこまでして産んだ妻に心から感謝と敬意を持っ た。
子供が生まれても妻を大切に仲良くこれからのわくわくする生活を過ごしたい。




皆様本当に今年もお世話になりました。

おかげ様で健康で楽しい1年でした。

2011年もどうぞよろしくお願いいたします!

| 個人 | 23:59 | comments(7) | trackbacks(1) |
第1子日乗 名前決まる
 息子の名前が決まり、休日ですが、芦屋市役所に出生届を出してきました。

名前は、

裕吾 (ゆうご)

です。

裕は、早くに亡くなった妻の父から一字頂きました。
裕太郎とか、裕志などいろいろ検討しましたが、顔を見たのち、妻と相談して決めました。

白川静先生の常用字解にはそれぞれこのように書かれています。

谷は容・欲の字に含まれる谷(よう)で、渓谷(たに)の谷(こく)とは異なる字である。谷(よう)とは、祝詞(のりと/神への祈りの文)を入れる器から神気の現れることをいう。

祖先を祭る廟(みたまや)の中に祝詞を入れた器を供えて祈り、その器の上にかすかに現れた神の姿を「容」といい、その姿を見たいと思うことを「欲」という。

「裕」の元となる金文は衣の中に谷 (よう)をしるしており、衣装の上に神気がゆたかに現れることを「裕」といい、「ゆたか、ゆるやか」の意味に用いる。


吾は、紙に祈る祝詞を入れる器であれう「口(サイ)」を守るために、木をX型に交差させて組んだ蓋(X型に上下に横木を入れる)を置いていたことから発生した字です。この交差した木の蓋で「口(サイ)」を守るのが、「吾」。

「吾」のもともとの意味は「まもる」ことでした。

(我という意で用いられるのは、仮借(文字の音だけを借りて本来の意味とは違う意味に使う)。ちなみに、五を数字として使うのも仮借。)


今後、グローバルな世界で生きていく息子は、日本人として、神様の言葉を衣にまとい、言葉を大切に守って生きる、そんな風になって欲しいと思います。

愛息

愛息





| 個人 | 22:04 | comments(3) | trackbacks(0) |
第1子日乗 YaYaYa 我が家に息子がやって来た
 病院の結果も問題なく、無事助産所に移り、1日経過を見て母子ともに無事退所しました。

病院は結局、2日間光線療法をし、1日リバウンドをみた結果、アンバウンドビリリビンも低い値で、問題なしとなりました。

初期の値が非常に高く当初は、病院での治療ができず、別の病院で人工透析の可能性まで示唆されていましたが、光線療法だけで安定した値まで落ちて本当によかったです。
よく母乳をのみ、よく排便をした結果だと思います。


原因ですが、息子は妻のお腹の中で少し苦しかったみたいで、酸素不足から血液が濃くなり、結果ビリリビンが増加し産後2日目で(通常は4-5日目がピーク)非常に高い値となったみたいです。
後遺症の可能性もなく、非常に安心しました。

そして、とうとう我が家にやってきました。
わが息子。

夜は何度も起きておしめを変える。
両親はこんなことを毎晩してくれていたかと思うとただただ感謝。

うちは、布おむつ、完乳です。
夜は布おむつをざっと洗ってつけておきます。
ちなみに義母から頂いた布おむつはオーガニックで30枚で私の持っている服の価格帯を超軽く上回る高級品。

気持ちいいはずです。
ぶりぶり、シャーシャーしています。

出た時の顔。
鬼瓦みたいです。
愛息








| 個人 | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
第一子日乗 治療経過 開眼
 無事値が落ち着き、治療をやめてリバウンドがでないかの経過観察となりました。確かに少し肌の色が変わったよう。

アイマスクもとれて久しぶりに開眼。


開眼

明日の結果が良好であれば助産所に移りその後退所となります。
しっかり、母乳を飲み、排出物をぶりぶり出しているので大丈夫だと思います。

母子ともに一緒にいれるというのが一番よいことですな。

| 個人 | 23:59 | comments(3) | trackbacks(0) |
第1子日乗 光線治療
下記のようなところにはいって光線治療を受けます。
(写真は治療中でないので、服を着ています。
実際は服を脱いで光を浴びます)

半日入り、またしっかり母乳を飲んで排泄していたので、検査の結果ビリルビンは急激に下がり問題ないレンジになりました!

ただ、アンバウンドビリルビンがほんの少しだけ値が閾値を超えたので、あと1日治療を継続することになりました。
明日の結果がよければ、あとはリバウンドがないかをみます。

光を浴びてのどが渇くのか、毎回30-40CCの母乳をぐびぐび飲みます。
偉い。また、うんちもぶりぶりしています。

妻も母乳がしっかり出始めて、張りがあって痛いようですが、それでも息子がしっかり飲んでくれればくれるほど良くなります。


光線治療

光線治療

今日は助産所から助産師さんがわざわざ病院まで来てくれて、妻の母乳支援(温めてくれ、マッサージをしてくれる)や体調管理をしっかりしてくれました。
本当にきめの細かく、また心のこもったサポートに頭が下がります。
ただただ感謝です。

さあ治療を終えて母子一緒にすごせるようにもう少しがんばれ!!


| 個人 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
第1子日乗  西式 温冷浴
 お世話になっている毛利助産所は、マクロビ料理を中心に西式健康法も取り入れており、出産後、へその緒は2時間ほどおいて切断したり、温冷浴を行っている。
(ちなみに、西式健康法は弊社の創業者が強く支持していたものでもあります。)

温冷浴は、皮膚を刺激し皮膚を正常に作用させるという。
で、動画

冷水(30℃程度)に入ると泣く。。。
でも、温水に入ると本当に気持ちよさそう。


ご飯も本当に素晴らしくおいしい。

温かい助産師さんに囲まれ非常によい雰囲気で過ごしておりましたが、赤ちゃんの黄疸が強くでていて、病院に赴き血液検査をしたところ、やはり黄疸をチェックする値(ビリルビン、アンチビリルビン)が高いとのことで、病院に入り、光線療法を受けることになりました。


黄疸は、黄色人種では誰にでも出るのですが、一般的には出産後、3-4日目がピークとなるのですが、今回は、2日目で血液検査が必要なほど高くなってしまいました。

光線療法で、特定の周波数の光をあてて黄疸の原因であるビリルビンを肝臓で分解を促進し体外に排出を促します。

10人に1〜2人ほどは光線療法を受けるようで非常に一般的のようですが、助産所ではずっと赤ちゃんと一緒にいれるので離れる妻はやはり少し気落ちしています。でも、妻の友人で先輩ママも同じような経験をしており、励ましてくれています。


妻の血液型がO型で私がAB型なので、O型の抗体が原因かと思いましたが、そうでもないよう。
お腹のなかで、少しへその緒が絡まって酸素欠乏になり、羊水にうんちをしていたように、出産で少し赤ちゃんに疲れが出てヘモグロビンが高め(つまり血が濃い)になっており、結果、黄疸を強めるビリルビンがたくさん出ているようです。

しっかり治せるように、妻もせっせと母乳をあげて(とっても痛そう・・)排出の支援をしています。

がんばれ!!




| 個人 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |